法務局・役所・現地の調査

不動産売買業務において正確な物件調査(法務局・役所・現地)は必須です。しかし、物件調査等を担える人材を社内教育で育てるには時間もお金もかかるものです。ですので、社外に「業務部」があったら不動産会社の利便性が高まるのではと思いこのサービスを立ち上げました。

重要事項説明書の作成

不動産売買業務において、正確な重要事項説明書の作成は必須です。担当行政書士は、不動産歴24年のベテランであり、多種多様な重要事項説明書を作成した経験があります。個人仲介・法人仲介としての重説、建売用地仕入のための重説、アパート等の重説等の作成経験があります。

売買契約書等の作成

不動産の売買契約書も様々な形態があります。中古住宅物件仲介の売買契約書、建売用地の仕入契約書、アパート等の収益物件の売買契約書、買取転売の売買契約書(第三者への所有権移転)、市街化調整区域の既存宅地の売買契約書、任意売却の売買契約書等具体的にご相談下さい。

改正民法が「令和2年4月1日」に施行

売買契約書・重要事項説明書書式変更になります!
改正民法が「令和2年4月1日」より施行されました。改正民法施行に伴い「不動産売買契約書・重要事項説明書」の書式が変更になります。よくある従前の売契・重説の部分修正的な作成はできなくなりますのでご注意ください! 詳細については、所属されている協会(全日・全宅等)にお問い合わせください!

 

ご依頼の多い案件

第1位  「建売住宅」の重説・契約書
最近、仲介業者様より、「建売住宅」の重説・契約書の作成代行の依頼が急増しています。代表の齋藤も、ハウスメーカー系不動産会社に勤務経験があり、重説・契約書の中でも得意分野です。ご依頼をご検討の仲介業者様は是非、下記をクリックしてください!

➡ 「建売住宅」の重説・契約書の作成代行のページ

 

第2位  「アパートの重説・契約書
賃貸管理専門の不動産会社様で大家さんからアパートの売却を依頼されたものの、そもそも売買の重説・契約書の作成に慣れていないから依頼したい、など。アパートばかりでなく、ワンルームのオーナーチェンジ物件、マンション一棟の売買等、収益不動産全般について対応可能です!

➡ 「アパート」の重説・契約書の作成代行のページ

 

第3位  「大きな土地の重説・契約書
地主(売主)から売却の依頼を受けた相続等で発生した大きな土地を、建売業者・マンション業者(買主)に売却するような売買仲介の重説・契約書の作成に慣れていないので依頼したい、など。代表の齋藤は、用地仕入れの重説・契約書の経験値は豊富です!

 

第4位  「マンションの重説・契約書
戸建専門なのでマンションの重説・契約書の作成に慣れていない、賃貸専門なので売買の重説・契約書の作成に慣れてない、など。管理規約・重要事項に係る調査報告書の内容を盛り込まなければならず、思ったより手間がかかるのがマンションの重説・契約書の特徴です!

 

第5位  「親子間売買の契約書等
親子間(親族間)の売買なので「契約書等の作成だけお願いしたい」というご依頼もよくあります。住宅ローンを組む際に「金融機関から重要事項説明書の提出を求めれれている」場合でも対応可能です!


対応可能な案件

過去にご依頼のあった案件です
■ 「中古戸建」の重説・契約書

■ 「相続案件」の重説・契約書

■ 「弁護士案件」の重説・契約書

■ 「任意売却」の重説・契約書

■ 「用地仕入れ」の重説・契約書

■ 「成年後見人・保佐人案件」の重説・契約書

■ 「空家・空地」の重説・契約書

■ 「駐車場」の重説・契約書

■ 「買取転売方式」の重説・契約書

■ 「市街化調整区域内」の重説・契約書

■ 「土地区画整理地内」の重説・契約書

■ 「借地権者の底地買取」の重説・契約書

■ 「借地権・底地同時売却」の重説・契約書

■ 「ビル・店舗」の重説・契約書

■ 「ホテル・旅館」の重説・契約書

■ 「別荘」の重説・契約書

■ 「私道の通行及び掘削」の承諾書

■ 「越境」の覚書

■ 「手付預かり」の合意書

■ 「解約」の合意書

■ 「不動産査定書」の作成

※「工場」「賃貸物件」の重説・契約書のご依頼は過去にございません

 

➡ お問い合わせページ(クリック!)

MENU